K's Backyard

オーストラリアの田舎町での動物とのふれあい日記

Extreme heatwave!

クリスマス前ぐらいから毎日30度以上の気温が続き、もうそろそろ涼しくなるかと期待していたら今週になってさらに35度以上の暑さが続いています。日照りが長引いて庭の草も茶色に焼けてきました。もうそろそろ雨が降ってもいいかなと期待していましたが、午後から夕方にかけて雲がたくさん出てきても、雨がパラパラと10分ぐらいしたら止んでしまいます。完全に干ばつですわ。仕事が正月明けから始まりましたが、暑さに弱いのでダラダラとしております。ブログもつい長いことごサボってしまいました。今回は長編です。

f:id:Wattlebird:20190117071724j:plain

最近ふと庭を見ると、不思議な光景が。Red wattlebird (写真右)が自分より体の大きいKoelというカッコーの一種の幼鳥(写真左)に水鉢から水をすくってあげているのです。そういえばこの幼鳥のけたたましい声がよく聞こえていました。Red wattlebirdはカッコーに「托卵」されたようです。以前のブログでも紹介したと思いますが、せっかく巣を作って自分の卵を産んでも、カッコーがその巣に卵を産み付けると、体が大きくて強いカッコーの赤ちゃんがRed wattlebirdの産んだ卵や孵化した幼鳥を巣の外へ出してしまうのです。こうして、それに気づかないwattlebirdの親が自分の子だと思って、カッコーの子を育てるのです。食欲旺盛な体が大きい幼鳥をwattlebirdの親は忙しく餌を集めては与えています。気の毒ですわ。

f:id:Wattlebird:20190117072805j:plain

Eastern Rosellaが2羽水浴びに訪れました。左のロゼラは白っぽく色が抜けていて珍しい。まだ若い鳥なのかしら?

f:id:Wattlebird:20190117073155j:plain

暑い時は水浴びは待った無し。他の鳥がいても遠慮していられません。珍しくEastern rosellaとMagpie larkが水鉢の上で鉢合わせ。

f:id:Wattlebird:20190117074148j:plain

半年前からほとんど毎日夕方30分デイジーを散歩しています。最近とても暑がるので、犬用に買ってあった子供用のプールに水を張り、その中に入れて水あびをさせてから散歩に出かけます。なぜかデイジーは自分ではこのプールに入らないので、20キロ以上の体重があるけど、抱き上げて中に入れます。それから手で腹や胸や手足に水をかけてあげます。本人はプールの中でじっとしているだけで何もしようとはしませぬ。手がかかるワンコです。庭の小川に雨が降って水がある時は喜んで自分からその中に入って水浴びするのに。

f:id:Wattlebird:20190117080850j:plain

デイジーのプールのそばの藤棚の下でマグパイの親子が大きな石の上で休んでいました。ひんやり冷たくて気持ちいのかしら?

f:id:Wattlebird:20190117074814j:plain

冬から春にかけて餌やどんぐりを食べに頻繁にやってきたKing parrotも久しぶりに姿を見せました。

f:id:Wattlebird:20190117074940j:plain

屋根の上にふと目をやると、Crested pigeonのカップルが仲良く休んでいました。Lovey-doveyで微笑ましい。

f:id:Wattlebird:20190117075340j:plain

ここ数週間、朝と夕方にLittle Corellaの大軍が近くの空を飛んでいます。ちょうどウミネコのような声を出してとっても賑やか。よく見ると近所の牧場に舞い降りて地面で何か食べているようです。草の種とかなのかな?

f:id:Wattlebird:20190117075625j:plain

リトル・コレラが高い街路樹の上で一休みしているところ。飛んでいても休んでいてもいつも賑やかにおしゃべりしているので、どこにいるかすぐわかります。

f:id:Wattlebird:20190117075857j:plain

去年はこの白桃の木の枝をかなり短く剪定したため、夏にほとんど実をつけませんでしたが、今年は復活。大豊作になりました。2.5Mぐらいの高さの木ですが一本で30キロぐらいの実をつけ、収穫に大わらわ。消毒はしていないので、5個に1個の割合でショウジョウバエの赤ちゃんがいるというハンディがありますが、オーガニックですから仕方ないですね。野鳥も食べに来るので絶対に消毒はしません。

f:id:Wattlebird:20190117080536j:plain

ピノ君には同じく近くでなっていたもっとサイズの大きい黄桃の実を半分に割ってあげたら、喜んでそれに足をかけて遊んでいましたわ。

f:id:Wattlebird:20190117080744j:plain

さて、収穫した白桃は熟れてしまうと地面に落ちて虫の餌になってしまうので、まだ木についているうちに取ります。(大きさは間引きしてないのでゴルフボールほどの大きさしかありません。)残った桃は全部は取らないで、いくつか木に残しておきました。かわいそうなRed wattlebirdの母鳥が餌集め出来るように。まだ完全に熟れていないので、バスケットに並べて2、3日置いておきます。3分の1は知り合いに分けてあげたら喜ばれ、生で食べるととても水々しくて美味しいと好評でした。

残りの3分の2の桃は少し柔らかくなってから、皮付きのまま半分に割って、軽く20分ぐらいレモン汁と砂糖を少しだけ入れて煮て、大きなパスタを茹でる鍋で4杯分のコンポート(stewed peaches)を作りました。ジャムにする人もいるけれど、時間と手間がかかるし、砂糖をたくさん入れる必要があるし、他の果物のように固まらなくてペクチンの粉を買って入れる必要もあるんです。だから、コンポートはずぼらな私には打って付けですわ。

f:id:Wattlebird:20190117081509j:plain

煮た後、冷蔵庫で冷やしてGreek yoghurtの上にかけたり、バニラ・アイスクリームに載せていただいています。とっても美味。残りは冷凍してあるので、しばらく楽しめます。

 

New Year's Day

新しい年が今日から始まりました。昨日まで連日かんかん照りの30度以上の猛暑でしたが、今日は曇り時々晴れになり、涼しくて過ごしやすいです。オーストラリアではクリスマスの方を大々的に祝うのですが、お正月は一応祝日というだけで、皆家族と静かにゆっくり家で過ごします。明日から仕事や商売が普段通りに始まります。

元旦の今朝、Galahの赤ちゃんのけたたましい大きな声が我が家の庭に響き渡りました。お母さんに餌をねだっているのです。まだ幼くて白い産毛が身体中を覆っています。お母さんも子育てに一生懸命です。

f:id:Wattlebird:20190101090730j:plain

ふと隣のLさんの家に目をやると、彼女が昔作りかけていた温室の骨組みの鉄のアーチの上にハトやスズメが休んでいました。猛暑の日は鳥たちは木陰に隠れて姿が全く見えないのですが、今日は涼しくてこんなところで休憩です。

f:id:Wattlebird:20190101090326j:plain

ここに住んで十年以上になりますが、物置小屋の後ろにこんなフルーツがなっているのを初めて発見。なんとプラムでした。赤く熟れたのを取って食べてみたら、種に近いところはとっても酸っぱいんですが、それ以外は甘いみずみずしい果肉でとっても美味。

f:id:Wattlebird:20190101090352j:plain

毎年夏になると我が家のゲートの前で一斉に綺麗なピンクの花を咲かせている木。ずっと名前を知らずにいたら、先日滞在していった母が「ネムノキ」だと教えてくれました。名前は同郷の静岡県の掛川市に障害のある子供たちのために元女優の宮城まり子さんが設立した社会福祉施設「ねむの木学園」で聞いたことがありましたが、これがそうだったとは園芸音痴な私は今まで全然知りませんでしたわ。英名はPersian Silk Treeというそうですが、色も形もその名のとおり繊細で美しい花です。

f:id:Wattlebird:20190101090404j:plain

去年はクリスマスとお正月を日本で過ごしましたが、今年はオーストラリアでお正月用に自分でちょっとした料理を作りました。数ヶ月前に、圧力鍋を買っていろいろな料理を試しに作っていますが、時短で簡単に何でも作れるので大重宝しています。今回は豚バラ肉と卵、しらたきの生姜煮を作りました。こちらのしらたきは太くてきしめんのような形で、低カロリーのパスタの代用品としてスーパーで売っています。値段も日本にくらべ高くて250グラムで4ドルぐらいします。(日本円で約300円ぐらい)お醤油、お酒、砂糖そして隠し味にオイスターソースを入れました。バラ肉を油抜きし、ゆで卵を作ってから材料を全部入れて15分火にかけて、30分ぐらい圧力が下がるまでそのままにしておいただけで、味がしっかりしみて柔らかい料理が完成。Yum!

f:id:Wattlebird:20190101090337j:plain

それからデザートには最近はまっているレアチーズケーキ。ゼラチンを入れて冷蔵庫で固めるので、冷たくて夏にぴったり。今回はブルーベリーとラズベリーを飾ってみました。レモン汁も入っているので甘酸っぱくてさっぱりした味。でもいくらでも食べられるのでちょっと危険。

f:id:Wattlebird:20190101085832j:plain

人生フルーツ

最近映画「人生フルーツ」を観て感激。80歳後半と90歳前半の老夫婦のドキュメンタリー。自分たちの庭に植たたくさんの種類のフルーツや野菜を育てながらのゆっくり慌てない生活。ああ、こういう生き方って素敵だと思ってしまいました。我が家の庭には前のオーナーが植えたフルーツの木がありますが、最近ではApricot(杏)の実が去年よりも多く実り、熟れたのを取って食べたらスーパーで売っているのよりとても甘かった!木の高い枝についた実は残念ながら取れず、みんな野鳥が平らげてしまいましたわ。

f:id:Wattlebird:20181221211929j:plain

前回のブログでもちょっと触れましたが下の写真は英語でMulberriesと言われている桑の実。最初は緑で白に変わり、最後に熟すとうっすらピンクになります。思わずほおばると、とてもみずみずしくて甘かった。

f:id:Wattlebird:20181221212317j:plain

ところで、インコのピノくんには時々Seedy grass(種のような実をつけた草)をいくつか束ねてあげています。野生のインコはそういうのを食べているそうです。ずっと前、メルボルンの大学へ通っていた時に下宿していた家の若い女性オーナーから聞きました。ピノくん場合は退屈しないようにするためにあげています。早速かじって遊んでいました。

f:id:Wattlebird:20181221213106j:plain

クリスマスツリーを飾るのはやめて、薪ストーブの煙突にフックをつけてクリスマスツリー用の飾りをひっかけたりして飾ってみました。先日買ったSnow Globeに加えて天使のドアストッパーやツリーを象ったお菓子の缶、それにおもわずお店て見つけて買ってしまったかわいい2人の女の子のオーナメントも上に並べてみました。こちらのクリスマスは真夏なのに、オーナメントはみんなマフラーをして冬の格好をしています。

f:id:Wattlebird:20181221213153j:plain

いろいろ店をまわってWreathを探したのですが気に入ったものが見つからなかったので、Youtubeでみつけた作り方を参考に、クリスマスの柄のついた6種類の布を細く切ってワイヤーのリングに縛り付けて使って作ってみました。キッチンの壁に飾ったら思いの外素敵で喜んでいます。仲のいい友達にも一つプレゼントしました。

f:id:Wattlebird:20181221214246j:plain

 

Noisy Friarbird

もう夏のはずなのに、朝はいまだに肌寒く昼間は気温が上がって暑くなります。地元の人が言うように、アーミデールはまさに1日に 四季があるようです。涼しいのは助かりますが...

f:id:Wattlebird:20181214132931j:plain

さて、もう十年ぐらい前になりますが以前住んでいた家の庭で見つけた卵から孵ったばかりの鳥の赤ちゃんを見つけ、育てました。その鳥は大きくなって、完全にはねが生えてからNoisy FriarbirdというRed wattlebirdと同じ蜜吸鳥だということがわかりました。ボーンと名付けて一年ちょっとペットとして育てていました。とても可愛がっていましたが、ある日家の中でカゴから出して遊ばせていると開けたドアから逃げてしまいました。それから野生の ノイジー・フライヤーバード何度か見かけたことがありましたが、今回久しぶりに我が家の庭で発見。桑の実を食べているところを写真に収めました。この鳥の面白い特徴は頭に羽が生えてないハゲタカのような鳥で、目の上に眉毛が生えていることです。(英語でfriarとは「僧侶」の意味があります。頭の毛がないのでそういう名前がついたのだと思います。)姿からLeather Headというニックネームも持っています。プアープアープアーという壊れたラッパのような面白い声で鳴きます。とてもなついていたボーンのことを思い出しましたわ。なかなか縄張り意識が強くて、実を食べに来た他の鳥を追っ払っていました。

f:id:Wattlebird:20181214134242j:plain

今年も庭に植えられたいろいろなバラの花が咲きました。上は大きなアプリコット色のバラ。

f:id:Wattlebird:20181214134444j:plain

直径3センチほどの小さな花をつけるRose Bush。白とピンクが混ざっています。

f:id:Wattlebird:20181214134820j:plain

単に花びらをつける鮮やかな色のRose Bush。

カモの訪問

最近、突風が吹いたり、雷雨になったりと荒れた天気になりました。去年の今頃は猛暑でしたが、今年は気温がそれほど上がらず、とても過ごしやすい天気が続いています。暑さが苦手な私にとっては嬉しいことです。

さて、庭を流れる小川に水がたっぷりあるわけではないのに、なぜかカモのペアが来るようになりました。早朝、草の上をゆっくりとお散歩。我が家の庭で見るのは滅多にありません。

f:id:Wattlebird:20181201204428j:plain

今、Magpieのペビーラッシュで、ちょっとグレーがかった色をした子供がお母さんの後をついて行っているのをあちこちで見かけます。大きな声を出して餌をねだると、お母さんが地中をほじって虫か何かを口にくわえて子供の口に入れてあげます。下の写真は水浴びをしているお母さんの横で、水しぶきを浴びながら自分も水浴びをしているつもりの子供のマグパイ。こうやって親からいろいろ学んでいくのね。とっても微笑ましい光景です。

f:id:Wattlebird:20181201205054j:plain

今年80歳になる母が日本から来て、3週間滞在していきました。来た時には運動不足で足が弱っていましたが、滞在中、毎日庭を散歩していたら、帰る時には足に筋肉がついてしっかり歩けるようになりました。日本だとアスファルトやコンクリートばかりで歩くと足が痛いのですが、草や土の上を歩くとクッションになってとっても歩きやすいのだそう。日本に帰っても公園など、土の上を歩いて、筋力を保ってもらいたいものです。

f:id:Wattlebird:20181201205931j:plain

こちらのお店は今どこもクリスマス一色で、プレゼントを買う人で平日から賑わっています。母とショッピングセンターのキッチン用品のお店の店頭に飾ってあったクリスマスのSnow Globeを見つけて思わず買ってしまいました。お店の人によると、去年は売り出してから3日で完売だったので、今年はたくさん入荷したんだそう。サンタや雪だるまなど、いかにもクリスマスらしいものもありましたが、親子4人で街灯の下でクリスマスの歌を歌っているこのグローブが気に入りました。夜部屋を暗くしてスイッチを入れると中に明かりが灯って、銀色の紙吹雪が動きだして雪が舞っているよう。とても素敵。感動した母も同じものを買って日本へ持ち帰りました。

f:id:Wattlebird:20181201210449j:plain

 

草ぼうぼう

アーミデールは朝晩ちょっとひんやりしますが、昼間は半袖でちょうどいいです。気候があたたかくなって、最近の雨も手伝って、草がぐんぐん伸び、二週間おきに草刈りをしないとぼうぼうになってしまいます。面倒ですが、そうしないと蛇などが草にかくれていたりするので、短く刈っておく必要があります。

さて、初夏の気候になって我が家の庭に餌を求めてやってくる野鳥の数も減りました。あちこちに食べられる餌が豊富にあるのでしょう。それでも、最近めっきりみかけなかったLittle Corellaが餌を食べにほんの少しの間だけですが、姿を現しました。

f:id:Wattlebird:20181114183355j:plain

Green Parrotsのつがいが、水浴びを楽しんでいきました。オス(左)はとても鮮やかな緑をしていますが、メス(右)は地味な色をしています。

f:id:Wattlebird:20181114184130j:plain

昨日、日本から遊びに来た母が興奮して真っ赤なサクランボがたくさん木に実っていると教えてくれました。いつもはKarrawongというカラスぐらいの大きさで、上半身が黒く、下半身にすこしだけ白が入った大きな鳥が赤くなる前にほとんど食べてしまっていたのですが、今年はたくさん残っています。不思議。母と一緒にサクランボ狩りを楽しみました。真っ赤な実は甘くておいしいのですが、まだ完全に赤くないのはすっぱい。

f:id:Wattlebird:20181114184926j:plain

そして今年も庭のあちこちにオーストラリア原生のBottlebrushという瓶を洗うブラシのような形をした花が咲きました。写真はピンク色の花。

f:id:Wattlebird:20181114184417j:plain

下は上の花の4分の1ぐらいの大きさの小さな黄色いBottlebrushの花。とってもかわいい。

f:id:Wattlebird:20181114184500j:plain

 

野うさぎのダンス

アーミデールも昼間はすっかり初夏の気温になりました。湿度も60%ぐらいで蒸し暑いです。半袖でちょうどよくなりました。ピノくんも毎日早朝からかごを外に出してあげると、訪れる野鳥の声に合わせて大きな声を出して鳴きます。きもちよさそう。

我が家に住み着いた2匹の野うさぎ。最近では家のまわりをうろちょろ。この日もキッチンからすぐ近くまでやって来ました。残念ながら2匹で走り回っているので両方を写真に収めるのはちょっと無理。それでも1匹がやっと止まってくれたのでシャッターを切りました。とってもかわいい!

f:id:Wattlebird:20181024072749j:plain

英名Paulowniaという桐の木の花が今年もたくさん咲きましたが、手のひらぐらいの大きな花の中に長いクチバシをつっこんでRed Wattlebirdが花の蜜を食べに毎日来ています。先がブラシのような長い舌で、効率よく蜜をかき集めることができるそうす。

f:id:Wattlebird:20181024073008j:plain

庭の真ん中に生えているOak Treeが春になって枯葉を落として新しい葉をつけました。その葉の間に垂れ下がったものがあって、最初は何なのかわかりませんでしたが、たくさんのミツバチがブンブン飛んで蜜集めをしているのを見て、やっとこれが花だったんだと気づきました。意外でしたわ。

f:id:Wattlebird:20181024073732j:plain

暖かくなって野鳥用の水鉢に水を入れても、いろんな鳥が水浴びに来て、すぐに減ってしまいます。中でもマグパイはその大きな翼で多量の水を掻き出してしまうのです。

f:id:Wattlebird:20181024074027j:plain

 

 

Sun Dial

日本でよく春は三寒四温と言いますが、こちらも暖かくなったと思ったらまた寒くなったり、いろいろです。それと普段は雨が降らず乾燥しているのに、雨が時々降っています。こうしてだんだん夏に向かっているのですね。

さて、我が家の庭の真ん中に日時計(sun dial)があります。庭に出ていると、時間がわからないので便利です。前のオーナーのマーガレットさん(元大学の言語学の先生で現在85歳で天文学の修士号を勉強中)がアーミデールの日の動きに合わせて特注で作ったそうです。多少誤差がありますけど、だいたい正確です。(写真を撮影した時間は午後2時半過ぎです。)

f:id:Wattlebird:20181005063640j:plain

春になって小さな植物がきれいな花を咲かせています。下はBlue Grape Hyacynthという花。なぜか以前クロッカスと言って紹介してしまっていましたが、本当はヒヤシンスだったんです。そういえば、小学校の時にヒヤシンスの球根を透明の容器に入れて育てていたような記憶があります。それだったとは知りませんでしたわ。スズランのような小さな紫のベルの形をした花がたくさんついていて、かわいい。

f:id:Wattlebird:20181005064023j:plain

花の大きさが1-2センチの淡い紫色のViolet(バイオレット)。本当に小さくてそばを通っても見過ごしてしまいそうだけど、その分結構強い甘いいい香りを放って、「ここにいるわよ」と自己主張しています。

f:id:Wattlebird:20181005064541j:plain

花はつけていませんがLamb's-ear(子羊の耳)という植物。葉一面に赤ちゃんの産毛のようなものがびっしりと生えていて、名前のとおり触ると動物の耳のようにやわらかいおもしろい植物。

f:id:Wattlebird:20181005064505j:plain

さて、先週とんでもないことがありました。仕事帰りに優先道路を車で走っていると、突然非優先道路から走ってきた車に追突されてしまいました。運転手は20歳ぐらいの若い女の子。"Give Way" の標識があったのに止まらなかったんです。私も突然のことで本当に動揺しました。私の車と彼女の車が接触したまま交差点の真ん中に止まってしまって、近くの工事現場の人や通りがかりの人が警察を呼んだり交通整理をしたりしてくれました。警察も30分経ってようやく来て、車を引き離して、道路端に止めてくれました。私の車の左側のタイヤはパンクし、ボディーにも大きなへこみができました。幸いどちらのドライバーも怪我はありませんでしたので、警察もminor accidentとして扱って、車の修理などの話合いは自分たちでしてくださいと言って帰っていきました。(日本の警察とは随分と違います。)私の車はその後、レッカーが来て修理屋へ運ばれました。今回の事故は彼女の責任ですので、私の車の修理代およびレッカーの料金は彼女が払う責任があります。ところが、彼女はそれを支払ってくれる保険に入っていなかったのです。日本は自賠責という強制保険は相手の車を傷つけたりドライバーに怪我をさせたりすると出る保険なのですが、こちらのGreen Slipという強制保険は相手を怪我をさせたときにしか使えないのです。私も自賠責と同じだとばっかり思っていましたから、全く知らず、それ以外にComprehensive という車の保険を実はかけていませんでした。Comprehensiveに入っていると相手や自分の車が傷ついたときの両方の場合に出るのです。今回も私がその保険に加入していれば、彼女が保険に加入してなくても、私の車の修理代(廃車の場合は車の事故前の状態の中古車市場価格)は私の保険が払ってくれて、相手への請求は保険屋がしてくれたのですが、自分ですることになってしまいました。でも、警察によると彼女は仕事をしていないということなので、結局修理代を払うことはできず、泣き寝入りということになりそうです。裁判に持っていくこともできるようですが、結局弁護士を雇ったりしてお金や時間がかかり、また本当に本人に支払い能力がない場合は自己破産ということで取り戻せないこともあるので、する価値があまりないようです。今回の事故で私に責任がないにもかかわらず、大きな損害を被りました。世間知らずの私にとって、本当に高いレッスンになりました。友達が言うように、怪我もせず無事でいられただけでもよかったとあきらめるしかないようですわ。

ハーブ

今日は日曜日。朝も最低気温が8度ぐらいあって、昼間も気温が上がってポッカポッカになりました。明日からまた天気は下り坂になるようなので、昨日に引き続きお洗濯。ワンコのデイちゃん用のバスタオルを10本ぐらい洗いました。デイちゃんはブラッシングは大好きだけど、お風呂に入るのは絶対に嫌な野生児なのですが、なぜか綺麗に洗ったタオルが大好きなんです。そういうところだけは綺麗好きというか...

天気もいいし、気持ちがいいので庭を散策しました。よく気をつけてみると、春でハーブが元気よくあちらこちらに生えていました。もちろん、庭いじりが得意じゃない私ではなく、前のオーナーだったマーガレットさんが植えたものです。

f:id:Wattlebird:20180923141604j:plain

上はOregano (オレガノ)。紫色の小さな花をつけました。時々鶏肉のオーブン料理の時に、葉を摘み取って細かく刻んで塩と胡椒といっしょにふりかけると美味です。オレガノの香りがチキンととっても合っている気がします。

f:id:Wattlebird:20180923141850j:plain

これはDill (ディル) というハーブ。独特な香りがあって、オーストラリアの人はよく魚をオーブンで焼く料理の時に魚の匂いを消すために使います。私はちょっと苦手な匂いなので使ったことがありませんが。去年はなぜか庭に生えているDillが軒並み1M以上に伸び放題になってとんでもないことになっていたので、全部刈り取ってしまったら、今春また元気に生えてきました。とっても細くて繊細な葉をつけます。

f:id:Wattlebird:20180923142224j:plain

冬の間、落ち葉に埋もれて見かけなかったMint (ミント)も青々と茂ってきました。よくデザートの飾りに使ったり、お茶に入れて香りを楽しむ人もいるけれど、私はまだ使ったことがありません。こんど試してみようかしら。

f:id:Wattlebird:20180923142447j:plain

最後は庭から見た我が家。冬の間茶色に枯れた風景だったけど、緑が戻ってきました。これからまた草刈りを頻繁にしなきゃいけない季節になりました。

Don't shop. Adopt!

先週は一週間ぐっと暖かくなり、昼間はコートなんかいらないぐらいでしたが、昨日からまた 寒さがもどって、今朝はマイナス2度になりました。寒かった!

晴れた日の昼間は外が暖かいので、ピノくんのカゴをウッドデッキの上に出してあげると、餌を食べにやってくる野鳥たちに向かってはしゃいでさえずっています。3日ほど前、サーっと野鳥が一羽ピノくんのカゴの屋根に乗ろうと飛んで来ました。よく見ると、それはオカメインコぐらいの大きさのGreen Parrotと呼ばれるオウム(下の写真)でした。よくグループやカップルでいるのですが、一羽だけのまだ若い鳥で、パートナーがいなかったのかもしれません。ピノくんに興味があって来たのかしら?遠目では草の色でカモフラージュされて、あまり目立ちませんが近くで見ると、鮮やかな緑でとってもきれい!我が家の庭には滅多に来ない珍しい鳥です。

f:id:Wattlebird:20180917205315j:plain

Green Parrotにアプローチかけられても、我が道を行くgoing-my-wayのピノくん。一番好きなのはやはり鏡に映る自分みたい。

f:id:Wattlebird:20180918065308j:plain

白桃の花が先に咲いていた黄桃の花に続いて満開になりました。Eastern Rosellaがその木に止まっていました。とっても素敵な組み合わせで絵になりますわ。

f:id:Wattlebird:20180917205748j:plain

これまた満開になったApricot(アンズ [杏])の木の花にブンブンみつばちがたかって、花の蜜を集めていました。

f:id:Wattlebird:20180917210048j:plain

ところで、前にも書きましたが、わんこのデイジーはRSPCAという飼い主がいない保護動物を里親に譲ってくれる動物愛護団体から10年前に譲り受けました。(ワクチンや避妊手術の経費分の260ドルぐらいかかりましたが、普通にブリーダーから犬を買うよりずっと安かったです。)引き取る前に、団体から係の人が来て我が家の敷地を囲っているフェンスを全てていねいにチェックしました。犬が脱走する可能性があるのでデイジーの場合は高さが1.2Mないとダメと言われましたが、幸い問題なく合格しました。それ以来、鎖に繋いでおく必要がなく、自由に我が家の敷地の中を歩き回っています。オーストラリアは自然のいたるところにクモがいて巣張りめぐらせています。下の写真はそんなところを通り過ぎたデイちゃんが目の上にcobweb(クモの巣)の白い眉毛をつけた顔。真っ黒な顔におしゃれなアクセントになっていますわ。

f:id:Wattlebird:20180918070255j:plain

最近、"Hope for Paws"というアメリカの動物保護団体のYoutube videosを見ましたが、気に入った言葉があります。"Don't shop. Adopt." つまり、犬や猫などが欲しいなら、店でブリーダーの育てた純血種を高いお金を出して買わないで、保護された動物を引き取って育てろということ。保護された大部分の動物は残念ながら処分されてしまう運命なので、多くの人が里親になってあげたら小さな命を救うことができるのです。また、この団体は捨て犬、捨て猫の数を減らすために、飼っている犬や猫の去勢・避妊手術をするようにと呼びかけています。意外とペットにそういうことをしてない無責任な飼い主が多いみたいです。