K's Backyard

オーストラリアの田舎町での動物とのふれあい日記

Happy Belated New Year!

クリスマスイブにこちらを発ち、日本でクリスマスとお正月を過ごし2週間滞在して戻ってきました。普段はアイルランドに住んでいるけれど帰国して私が以前住んでいた家に滞在している友達にお願いして、留守中は犬のデイジーとインコのピノの面倒を見てもらいました。ペットホテルなどもあるけれど、やはり住み慣れた家で面倒みてもらうのがペットにとって一番。友達に感謝。

f:id:Wattlebird:20180117100313j:plain

クリスマス前と帰ってきてからは連日30度以上の猛暑で野鳥たちも水浴びに来てました。上の写真はEastern Rosellaと2種類の鳩(Crested pigeonとSpotted Dove)。

f:id:Wattlebird:20180117100509j:plain

黒白のヒバリ、Magpie Larkのカップルも。

f:id:Wattlebird:20180117100729j:plain

ところで、11月末に古い木造の家に引っ越しましたが、窓に網戸がほとんどついてないということを発見し、早速3つの業者に連絡をしてみました。ところが全部断られてしまいました。クリスマスの前だからということで網戸の依頼が殺到していたということもあるけれど、実は古い我が家の窓がcasement windowsという昔の方式で、網戸を簡単に付けられないタイプの特殊な窓だったのです。開ける時に鉄の棒が内側に突き出すので、窓枠の厚みをまず木材を貼って調整しなければなりませんでした。日本から一緒についてきて滞在する予定だった虫の大嫌いな母のためにも大至急網戸をつけなければなりませんでした。そして...

f:id:Wattlebird:20180117101547j:plain

DIYに。幸い近所にホームセンターで、網戸の材料が全部揃っていたので早速Youtubeにあったcasement windows用の網戸の作り方を参考に自分で作ってみたのでした。アルミ製の枠の材料を必要な長さに45度の角度で切り、4つ合わせて長方形にして、そこに網を専用の道具で張りました。それに蝶番と小さな取っ手をつけて、さらに留め具をつけて完成。生まれて初めてelectric grinderとrivet gunという工具を使いました。これまでに母の使う寝室とバスルーム、居間の窓に計4つの網戸をつけましたが、虫を入れずに風を入れることができ、なんと快適なことか。しかも網戸を1つ業者に頼むと100ドル以上かかるところ、30ドルぐらいでできてしまいました。蝶番については最初はこちらで手に入る物を使用しましたが、最後の2つは「縦型抜差蝶番」という特殊なものを日本のタキゲンという会社にオーダーしそれを使いました。その御陰て素人の私でも簡単に付けることができました。まさか網戸を自分で作ることになろうとは思いもよりませんでしたが、やってみると試行錯誤しながらも何とか作ることができました。驚きです!

Baby galah & bats

アーミデールは珍しく30度を越える日が出てきました。昼間外に出ると肌にさすような強い日差しが感じられます。でも乾燥しているので、屋内や木陰に入ると涼しいです。家の窓やドアを開けておくと帰って熱い空気が入ってきて暖まってしまうので、こういう日は閉めてさらにカーテンやブラインドで家中を暗くしておくとひんやりしています。それでも夕方までには家全体が暑くなるので、外が涼しくなった頃に窓やドアを開けます。

もう何回かご報告しましたけど、このシーズンはGalahの赤ちゃんが親鳥と一緒に行動するのがよくみかけられます。お腹がすくとおねだりしてけたたましい鳴き声で催促。すると親が交代で口移しで餌をあげます。食欲旺盛で何度餌をもらっても何度も催促で親鳥は大変。今朝はウッドデッキそばの桐の木にいるのを発見。近くでいい写真が撮れました。f:id:Wattlebird:20171216050753j:plain

 昼間あまりに暑くて、引っ越ししてからあまり利用されていなかった水鉢が大活躍するようになりました。小さな雀(Sparrow), 目の周りに白い縁取りがあるSilvereyeというhoneyeaterの仲間から、中型のRed wattlebird、そして大型のMagpieまで、いろいろな野鳥がひっきりなしに水浴びに来ていました。

f:id:Wattlebird:20171216051511j:plain

f:id:Wattlebird:20171216051634j:plain

f:id:Wattlebird:20171216051610j:plain

ところで、ここ2,3週間続いているんですが、夕方陽が落ちると必ず西の方角から東に向かって飛んで行く黒い大きな鳥の集団がいます。全部でたぶん300羽ぐらいいるんじゃないかな。最初は渡り鳥が飛んでいるのかと思いましたが、それにしても薄暗いところをよく飛べるものだと感心していたら、実はfruit batsというフルーツを主食にする大型コウモリの集団だったのです。猫ぐらいの大きさがあります。集団で飛ぶ姿はちょっと不気味。糞からいろいろな病気が移ることもあるのだとか。オーストラリア人の友達はそんなに気にしないで、好感を抱いている人さえいますが、私はそれを聞いてちょっと心配になってしまいましたわ。庭のあちこちに桃やなしの木があって今の所素通りですが、いつか気付いてやってくるのではないかと。

f:id:Wattlebird:20171216051442j:plain

Garden ornaments

 少し前に我が家の庭に生えている何本か2−3メートルに成長したユーカリがすっかり枯れてしまっているのに気付きました。とても残念に思っていたら、最近よく降った雨と暖かい気候で新緑の葉を付けていることを発見。一安心です。

先日新しい場所に庭を移しましたが、殺風景だったので前から買ってあった古い鉄の農具の廃品を利用して作られた鳥をあちこちから集めてきて飾りました。

f:id:Wattlebird:20171206105440j:plain

今まで雑草に埋もれたりしてすっかり存在を忘れていましたが、こうして毎日見えるところに飾ってみるとなかなか愛嬌があって庭のいいアクセントに。

f:id:Wattlebird:20171206105923j:plain

ところで、最近珍しい鳥が訪問しました。White-faced Heron というサギの仲間です。よく家の前にある牧場で見かけてはいたのですが、家の庭の中で見かけるのはとても珍しい。観察すると小刻みに長い首を左右に揺らしてからヒョイと首を草の中につっこんでは虫を捕まえているようでした。のんびりリと優雅に歩きます。

f:id:Wattlebird:20171206110302j:plain

日曜日からカラッと晴れてようやくアーミデールらしい天気に。久しぶりに陽なたぼっこができてピノ君は大喜び。陽に照らされて羽根の色がとっても鮮やか。ごきげんです。

f:id:Wattlebird:20171206111133j:plain

 

Welcome to my new garden!

古い家と20メートル離れた家に住み始めて10日ぐらい経ちました。ウッドデッキのある北西に面していて一日中陽が入る明るいキッチンが私とインコのピノ君が一日の大半を過ごす場所になりました。(オーストラリアでは家を建てる時に日当りがよく、庭やきれいな景色を眺めることができるようにキッチンを配置しますが、夜だけ使用する寝室はそのようなこだわりはありません。)最初は不慣れだったせいか、普段一日中楽しくおしゃべりをするピノ君がすっかり無口になりちょっと心配しましたが、半日で元通りになり安心。野鳥たちも餌を求めて前の庭の方に行っていたようですが、2日目に餌皿を新しい庭に移すと、最初は恐る恐るでしたが、Galahや鳩などの常連さんがだんだん来るようになりました。3日前の土曜日には水鉢と餌台を移してセッティング完了。やはり野鳥を惹き付けるには餌と水は重要。

f:id:Wattlebird:20171128100202j:plain

そしてピノ君を喜ばそうとそばの白桃の木に吊るし餌をつけたところ、いろいろな野鳥が訪れて食べていました。

f:id:Wattlebird:20171128100353j:plain

上はEastern Rosellaのカップル。

f:id:Wattlebird:20171128100543j:plain

今度はCrimson rosella。警戒心の強いロゼラ系のオウムは普段そんなに頻繁に庭に来ないのですが吊るし餌があると来てくれます。安心して食べられるのかな?

f:id:Wattlebird:20171128104005j:plain

Little Corellaのカップルも。大好評なので1.2キロもある大きなブロックの吊るし餌を買って来たら、いろいろな野鳥が食べに来てたった一日でなくなってしまいました!

犬のデイジーの小屋もウッドデッキの上に移したけれど、最初は元の場所にあるもう一つの犬小屋で寝ていました。どうも新しい場所はお気に召さなかったようです。一週間以上たった今でも最初は元の場所へ行って寝ているようですが、朝になるとちゃんとウッドデッキの上の小屋で寝ています。どういうこと?犬の気持ちが理解できる人に是非心境を聞きたいものですわ。

Kookaburra & roses

3,4日前の雨上がりの午後。ふと洗濯の物干を見ると一羽のKookaburraが止まって、辺りを見回して餌を探していました。トカゲとか虫とか時にはヘビまで食べるようです。ふわふわのぬいぐるみのようにかわいいのですが、獰猛な野性味も。

f:id:Wattlebird:20171116051033j:plain

陽が出て来るとEastern rosellaが水鉢に水を飲みに来てました。

f:id:Wattlebird:20171116051221j:plain

普段は警戒心が強いのですが、この日は太陽の光線がまぶしくてカメラが見えなかったのか、窓のすぐ近くまで来たLittle corella を撮ることができました。

f:id:Wattlebird:20171116051405j:plain

今年は雨が多いので庭の花も嬉しそう。私はまるっきりガーデニングが苦手ですが、前のオーナーが植えたいろいろな種類のバラの花が今一斉にあちこちで咲いています。まずはObservatory小屋の後ろに生えたアプリコット色とピンクのばら。とてもいい香りがするので、時々切り花にして部屋に飾っています。

f:id:Wattlebird:20171116051647j:plain

小振りでたくさんの花をつけるモッコウバラ(Yellow banksia roses)。

f:id:Wattlebird:20171116051740j:plain

そして小さな赤いバラ。この種のバラには他に白や淡いピンクの花をつけているのもあります。

f:id:Wattlebird:20171116051826j:plain

ところで、今週の月曜日の朝、やっとリフォームの終った古い家にお引っ越し。とはいえ、その日は引っ越し屋さんに来てもらい、大きな家具や電化製品だけを運んでもらったので、服とか食器とか細々した物はまだ家に残っています。少しずつ片付けながら運んでいるので、やっと今半分終ったところです。2つの家が20メートルしか離れていないのは幸いですが、だらだら長期戦の引っ越しになりそうです。この機にいらないものを処分していますが、どうしてこんなものを溜め込んでいたのか自分でも感心するぐらい不要品があって頭痛がしますわ。

Yellow bottlebrush

数日前同僚から聞きましたが、今年の10月はアーミデールで観測史上最も寒かったとか。去年の10月は異常に暑かったですが、今年はとても涼しいです。最近、我が家の庭に小さなYellow bottlerushというオーストラリア原産の花が咲きました。名前の由来は前にも書きましたが瓶を洗うブラシのような形をしているからだそう。淡い黄色でとってもかわいらしい花です。

f:id:Wattlebird:20171106084539j:plain

藤棚にもここ数週間紫色の藤の花が咲いています。でも涼しいせいかいつもより花の数は少ないです。小さい時に親戚からいただいた「藤娘」という藤の花がついた枝を肩にかけて踊っている姿をしたひな人形を思い出します。前回日本へ帰った時に両親が処分しようとしていましたが、頼んで取っておいてもらいました。今でもまったく昔と変わらずきれいな姿をしていて、きれいなガラスケースに入っています。藤は日本だけの花だと思いきや、アーミデールでも人気あって、あちこちの庭に植えられています。日本で見たことありませんでしたが、白い品種もあります。

f:id:Wattlebird:20171106085046j:plain

一ヶ月前ぐらいに白い花を咲かせた桜の木に、さくらんぼがなりました。まだ、緑色してますけど、早速Crimson rosellaが様子を見にきていましたよ。

f:id:Wattlebird:20171106085201j:plain

先日、一羽で訪れたYellow-crested cockatooが今度は4羽で訪れました。にぎやかです。去年の地面に落ちているくるみを、肉厚の舌と足を使っておいしそうに食べていました。ぴよんと上に跳ね上がった黄色い頭飾りがなんとも愛嬌がありますわ。

f:id:Wattlebird:20171106085501j:plain

3羽のカッカトゥー。

f:id:Wattlebird:20171106085605j:plain

More visitors...

ずっと降っていた雨もようやく止んであたりは草で蒼々としています。草刈りをした後の我が家の庭の風景。とはいえ、ぼうぼうに生えたタンポポやらぺんぺん草やらクローバーやらの雑草をただ草刈り機で短く刈り取るだけですが、刈ってしまえば少し高級な芝生のように見えるかしら?

f:id:Wattlebird:20171028082015j:plain

野鳥の餌台には珍しくYellow-crested Cookatooが一羽で訪れました。

f:id:Wattlebird:20171028082439j:plain

それと、Little Corellaが10羽ぐらいのグループでやってきました。とてもにぎやかでしたわ。

f:id:Wattlebird:20171028082621j:plain

Red wattlebirdの子供も餌を自分で食べに来るようになりました。でも親鳥が一緒に餌台にやってくると、餌が目の前にあっても自分で食べずに大きな口をあけて鳴いて口に入れてくれと催促するんです。本能でそうしてしまうのかしら?面白くてつい笑ってしましました。ところが、この写真を取ったすぐ後、残念なことが...

庭の隅で鳥の鳴く声がしたので行ってみましたが、全く姿が見えません。声は近くからきこえるのに。何度も帰りかけては辺りをよく見てみるとやっと見つけました。古いトランポリンの真下の地面の上で弱って横たわっていたのでした。あわてて空き箱にキッチンペーパーを敷き、それに入れて野鳥保護団体のかかりつけの獣医へ連れて預けてきました。猫や他の獰猛な鳥に襲われたのかもしれません。本当にかわいそうです。助かってくれることをただひたすら祈るのみです。

f:id:Wattlebird:20171028082915j:plain

さて、昨年の今頃から始まったリフォームもいよいよ大詰めです。今まで壁の2/3だけの幅しかなかったウッドデッキを大工さんがもう一本柱を取り付けて壁の幅一杯に延長してくれました。たった1/3だけのことですが随分と広く感じます。また、隣の家から丸見えだったので、右側に目隠しのパネルを床と同じ材料で作ってもらいました。これでプライバシーが確保できます。ずっと欲しかったので大満足。暑い夏はこのデッキで食事することもOK。使うのが楽しみです。

f:id:Wattlebird:20171028083341j:plain

意外な助っ人

ここ1週間以上、雨が降ったり止んだり。雨があまり降らないアーミデールには珍しいことです。私は晴れが大好きですが、植物たちは雨をとっても喜んでいます。気温も暖かくなったので草がぐんぐん伸びて、草刈りが大変です。

f:id:Wattlebird:20171021123521j:plain

3,4日前に庭を歩いていると、写真のピンク色の花を見つけました。10Mほどの高さのあるユーカリの木の枝が強い風で折れて地面に落ちたものです。ここに住んで10年近くなりますが、初めて見る花でした。あまりにもきれいだったので思わず拾って花瓶に差して飾りました。こんな花がそんなに高い木の上に咲いていたなんて、これまで一度も気付きませんでしたわ。

f:id:Wattlebird:20171021124052j:plain

朝、餌台に餌を載せるとLittle Corellaのカップルと沢山のGalahが集まっていました。前にも書きましたがコレラは気が強いので彼らが現れるとガラーたちは餌を譲って遠巻きに恨めしそうに見ています。

f:id:Wattlebird:20171021124517j:plain

この日も珍しい緑色の小型のオウムが来ました。今まで地元の人に倣ってGreem parrotsと呼んでいましたが、正式名はRed-rumped parrotsと言うようです。右が雄で左の地味な色をしているのは雌。雄には後ろの腰の当たりにあざやかなオレンジ色が入っています。名前はそれから来ているのかな?

f:id:Wattlebird:20171021125129j:plain

ところで、ここ2週間ほど家のすぐそばのユーカリの木に10羽ぐらいのKarrawongというカラスぐらいの大きさの肉食系の白黒(全体が黒で尾に白が入っている)の鳥がいるのを何回も発見しました。Red wattlebirdの子供が周りにいたので、最初はフリズビーを投げたり、手を叩いて大きな音を立てて追っ払っていました。ところが、ある時このカワヲンたちが一生懸命に何かをつまんでは食べているのに気付きました。地面にはくるっと巻いた木の皮がたくさん落ちていたので一つひろって広げて見ると...

f:id:Wattlebird:20171021125900j:plain

黒い虫の幼虫が入っていました。カラヲンはそれを夢中になって食べていたのでした。それが分かってからは虫を食べてもらった方がいいと思い追っ払うのを止めました。でもどうして大量にこんな虫が発生したのでしょう。定期的に農薬を散布するとそういう害虫はつかないらしいのですが、私は野鳥たちのために絶対にしたくありません。それにしても、普段は小鳥などを襲って食べる習性のある獰猛なカラヲンですが、今回は助けてもらいました。感謝。

花鳥風月

ここのところ暖かさは本格的で、初夏の陽気にさえなってきました。我が家の庭にはさらにいろいろな花が咲きました。

f:id:Wattlebird:20171012043539j:plain

前にもご紹介したことがありますがこれは英名Paulowniaという桐の花です。薄紫と黄色があってとってもきれい。よくHoney EaterのRed wattlebirdsが長いくちばしを中に入れて、みつを吸っています。花は手のひら半分ぐらいの大きさです。

f:id:Wattlebird:20171012043742j:plain

こちらはリンゴの花です。白にうす桃色が少し入っています。Crabappleの花と似ていて、つぼみは濃いピンクをしています。たくさんのみつばちが忙しそうにブンブン羽音をたててみつを吸っていました。

f:id:Wattlebird:20171012044035j:plain

先日、我が家の窓ガラスに当たって怪我をしてWIRESに保護されたRed wattlebirdの幼鳥の兄弟。一羽になっても親鳥がせっせと世話をしていてこんなに大きくなりました。今は親より少しだけ小さいだけです。でもまだ幼くてお腹がすると「チーチー」というかわいい声をだして親に餌をねだっています。お腹がいっぱいになると、一人で木の中で遊んでいます。体はまだ産毛で覆われていて、ふわふわしてとってもかわいい!

f:id:Wattlebird:20171012044325j:plain

最近は雨がよく降っています。3日ほど前の夕方のこと。雨が降っていて薄暗くなってきてから、家のベランダに置いてあるテーブルの上に雄のKIng Parrot(写真左)がとまっていて、家の中を覗いていました。家から1メートル半ぐらいの所です。お腹がすいているのかなと思い、餌台に餌を置くと逃げもせずそばにいて、ゆっくり2羽でお腹いっぱい食べて飛んで行きました。それにしても普段はとても警戒心の強いキングパロットですが、人間にこんなに近づいてきて「珍しいこともあるもんだなあ」と感心させられた出来事でした。

Baby wattlebirds

f:id:Wattlebird:20170929125840j:plain

今年もRed wattlebirdsの赤ちゃんが産まれました。去年まではPrincess Wattleと名付けたとてもフレンドリーが雌と若い雄のパートナーでしたが、今年は同じ雄とPrincess Wattle の子供がペアになったようでまた2羽の新しい子供が誕生しました。どうりで最近親鳥が必死にそして頻繁に餌を取りに来ていました。Karrawongという白黒のマグパイに似た鳥で、カラスぐらい体が大きくて獰猛な肉食の鳥が我が家の庭にけっこう来ていたのでちょっと心配でしたが、親鳥が一生懸命に面倒みているので大丈夫かなと思っていました。ところが、昨日、家の窓ガラスにコツンと何か当たった音がしました。その直後、Red wattlebirdsの親鳥が大きな声をあげて鳴いたので、子供がぶつかったのかと思い行ってみて見ると、案の定ガラスに小さな産毛が固まってついていました。子供の鳥は体重が軽いので当たっても普通は何ともないんですが、昨日はちょっと衝撃音が大きかったのでまさかと思いきや、その窓ガラスに下にwattlebird の赤ちゃんが動かないで片足をだらりと横に投げ出していました。衝撃で脳しんとうを起こしていたかショックだったのでしょう。足を骨折しているようだったので、親鳥と兄弟の鳥が見守る中、ふきんを家の中から取って来て、さっと上からかけて手で掴んで小さな段ボール箱に入れました。それから急いでWIRESといって野生動物を保護するボランティア協会に電話すると、協会指定の獣医に連れて行ってくださいと言われ、すぐに連れて行きました。私は受付で待っていましたが、すぐに獣医が診室で診てくれました。すると、抵抗して元気にギャーギャーという声が聞こえてきたので、たぶん足だけ怪我をしていてあとは大丈夫だったのでしょう。「こちらで面倒を見ますからもう大丈夫ですよ」と言われ、家に帰ってきました。人間のそばで暮らしている野鳥たちにとって、家の窓ガラスが見えないようで、我が家ではよく鳩がぶつかってきます。せっかくおととい今シーズン初のredwattle birdsの赤ちゃんを2羽も発見したばかりだったのに、1羽怪我をさせてしまって心が痛みます。怪我をした鳥は今後、ボランティアによって育てられますが、無事怪我が治って野生に帰って欲しいものです。

f:id:Wattlebird:20170929131908j:plain

昨日はcrimson rosellaのカップルが訪れ、餌を食べて行きました。他のオウムと違って、性格が穏やかなのか鳩と仲良く餌を食べていました。

f:id:Wattlebird:20170929132343j:plain

我が家の庭の桜の木に花がつきました。毎年、真っ赤なチェリーの実をつけます。今年もたくさん実がなるかしら?楽しみです!

f:id:Wattlebird:20170929132453j:plain

3週間前から大工さんがリフォームに来てくれていましたが、今日待望のキッチンが完成。インテリアの雑誌を参考に、試行錯誤しながらまた限られた予算でこちらも自分でデザインしました。「カントリー風」がテーマで、木をふんだんに使ってみました。いかがかしら?今日は大工さんがKichen islandを固定して、その周りに板を張ってくれて完成しました。別の大工さんがオーストラリア原産のred cedarというスギの一枚板を削って天板を作ってくれました。アイランドは調理台として使う他、背の高い椅子を置いてテーブルとしても使う予定です。

数日前には電気屋さんも来てコンセントや照明やceiling fanなどのスイッチをつないでくれました。築80年以上とあって、天井裏に入ったらものすごい数の電気の線が束になってあったようで、仕分けをするのに大変だとこぼしていました。古い家はいろいろと大変みたいです。それでも慣れているようで、手際よくさっさと仕事をしてくれました。その前に私がネットで探した電気屋さんに3ヶ月間5回ぐらい電話して頼んでいたのですが来てくれませんでした。でも、大工さんの知り合いの電気屋さんに頼んでもらったら、来るまでそれでも2週間程かかりましたがしっかり終らせてくれました。ほっと一息です。実は大工さんは仲介料を100ドルぐらい取るのですが、こんなに早くやってくれるならそんなの安いと思いました。とにかく、アーミデールでは大工さんや電気屋、配管工の数が不足しているため、頼んでもなかなか来てくれないのが普通です。