読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K's Backyard

オーストラリアの田舎町での動物とのふれあい日記

秋本番

アーミデールの町の街路樹が鮮やかな赤やオレンジ、黄色に色づき始め、秋が深まってきました。野鳥たちも実りの秋を楽しんでいるようです。下の写真はKing Parrotsのペア。餌を食べに我が家の庭に立寄りました。鮮やかな朱色が特徴の雄と緑と薄いオレンジ色の雌です。

f:id:Wattlebird:20170503201942j:plain

毎朝、写真のGalah(モモイロインコ)のペアが鳩やMagpie Larksと一緒に餌を食べにやってきています。

f:id:Wattlebird:20170503202257j:plain

ところで、私の大のお気に入りだったRed Wattlebirdの雌、Priness Wattle(「常連客で愛嬌者のRed Wattlebird」「プリンセス・ワトルのひなたぼっこ」参照) が日本から帰国してから全く姿を現していません。代わりに顔のほっぺの真ん中にあるワトルが小さい若いRed Wattlebirdが餌を食べにきています。プリンセスは他より体が小さくて、大きなWattlebirdによく追いかけられていましたが、ぱったり来なくなってしまったのです。若い鳥と縄張りを争って負けてしまい、どこかへ行ってしまったのでしょうか。とても愛嬌があって、人懐っこかったのでとっても残念です。毎日訪れるRed Wattlebirdを注意深く見ていますが一度も見ていません。どこかで元気に生きていて、また我が家の庭に来て欲しいものです。