読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K's Backyard

オーストラリアの田舎町での動物とのふれあい日記

野鳥いろいろ & インコのペコ

普段そんなに見ないいろいろな野鳥が次々と我が家の庭を訪れました。

f:id:Wattlebird:20160709194932j:plain

まずは、Butcherbird。前々回Red Wattlebirdの餌を初めて食べたことを報告しましたけど、またやってきてワトちゃんの餌を食べにきたんです。肉食系だから草食系のワトちゃんの餌は気に入らなかったかと思いきや、その反対でとっても気に入ったみたい。

f:id:Wattlebird:20160709195329j:plain

Tawny Frogmouth も早朝から柳の木にジッとしているのをみつけました。(前回紹介した鳥とは別の鳥です。)朝日を浴びて気持ち良さそうです。目をつぶっているので、寝ているのかもしれませんね。

f:id:Wattlebird:20160709195508j:plain

鳩が餌を集団で押し合いへし合い食べているのを木の上からジッとCockatooが見ていましたので、殻つきのくるみを近くへ投げてあげたら、地面へ降りて食べ始めました。クルミ割り用の道具で、手に力を思いっきり入れなければ割れないのを、いとも簡単にくちばしで割って食べていました。相当、あごの力が強いんですね。

f:id:Wattlebird:20160709195856j:plain

ところで、実はショックだったので、すぐに書けなかったのですけど、先週の日曜日にペットの白いインコ、ペコちゃんが突然、天国へ旅立ってしまいました。(写真はその2日前に撮ったもの。)一週間前から換羽(とや)で羽根がばさばさ抜けて、元気がなくなっていました。それでももう一羽のピノちゃんにずっと寄り添っていたので、on heatなのかなとも思いましたが、栄養剤の入った水をあげて様子を見ていました。すると昼頃になって、ぐったりして動かなくなっていたので、小さな鳥かごに移して陽に当てて暖めてあげました。体を手でつかんだら、ものすごい勢いで私の手をかじって離さなかったので、元気がまだあるなと思っていたら、まもなくしたら死んでしまいました。本当にあっという間の出来事でした。今思えばたぶん、卵詰まりだったようい思います。もう5年ぐらい飼っていましたが、一度も卵を生んだことはありませんでしたので、全然思いつきませんでした。こういう時、動物も人間と同じように言葉が話せたらどんなにいいかと思いました。とても残念な結果になってしましました。いつもピノちゃんといっしょに大きな声でおしゃべりしたり、無邪気に遊んだりと、見ているだけで癒してもらいました。小さな命でしたけど、その存在はとっても大きかった!ペコちゃん、ありがとう。