読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K's Backyard

オーストラリアの田舎町での動物とのふれあい日記

キング・パロットの寄り道

f:id:Wattlebird:20160604141254j:plain

今日の朝早く、とても珍しいお客さんが訪ねてくれました。ちょうど朝日が逆光になって、ちょっとはっきりしませんけど、King parrotsのペアです。雄は頭からおしりにかけて鮮やかなオレンジですが、雌は首から上が緑、下がオレンジで、両方とも背中や翼が緑色になっています。とてもきれいな鳥ですが、色合いが鮮やかな朱色と緑色が特徴の京都の平安神宮の建物を彷彿とさせます。体もGalahよりも大きくて、立派です。たまたまそばを通りかかったようで、GalahやCrested Pigeonが餌を食べているのをじっと見て、とても関心があるようでした。結局、餌は食べずにすぐに飛んでいってしまいましたけど。

f:id:Wattlebird:20160604141820j:plain

ところで、これは庭に生えているOak Tree(樫の木)。冬になると常緑の木以外は葉が黄色や茶色になって、落ちてしまいますが、この木は写真のとおり葉が茶色になっても、春になって新しい葉が出て来る時まで、枯れ葉をつけたまま冬を越します。こんな木があるなんて、ここに来るまで知りませんでしたわ。このような特性のためか、昔からヨーロッパではstrength(強さ)とendurance(忍耐)のシンボルとして大切にされていたとか。秋になるとたくさん私の親指の太さで長さが2,3センチぐらいの大きなどんぐりが実って、地面に落ちます。野鼠などが食べているようです。ワンコのデイちゃんもときどき食べています。私は食べたことないけど、どんな味がするのかな?